高級ぼたん

ボタンは大切な大切な部分です。洋服のお顔です。ボタンで上品にもなるし、安物にも見えてしまいます。手作りボタン、輸入ボタン、1枚1枚生地とデザイン お召しになる方のムードを考えて選びます。モロの ボタン選びは お褒め頂いている自慢の部分です。

 

The button is very very important for smart one.

We collect from Italy and France and Japan . These are special high quarity.

芯布の使い分け

芯地にたよりすぎて、前身ごろも衿もバリバリスーツは着にくいものです。 moreauはあくまでエレガントにソフトに。けれども型崩れを防ぐ。

そこには開発された接着芯の数々。15種類ほどあります。

セミの羽のようなもの、畳むのが難しいほど頼りないもの。ガーゼのようなものから毛芯まで。

出したいムード、マテリアルの個性をつぶさないよう厳選します。

以下は試し貼りコレクション。 ノリの分量で張りが違ってきます。

裏地

一般的なのはフローラという裏地。ガーゼのような夏裏。少し厚手の綾織の裏。とろり感がヘビーシルクのスーツに合うデシンの裏。時には真っ黒なコートに赤銅の玉虫色のご希望も。お洋服を外出先で預けるときもこだわりの色遊びをした裏地は オーダースーツを何気なくアピールお洒落さんをアピールしてくれます。