ボタンホールの仕上げ

お客様が主役です。われわれは、実現のお手伝いをいたします。

2016年 作品BLOGはこちらから

2015年 作品BLOGは こちらから

2014年 作品BLOGは こちらから

2012年 作品BLOGは こちらから

2011年 作品製作BLOGを お楽しみください。

2010年作品 BLOGはこちらから おたのしみください。check our BLOG

 

 

2008年 BLOGでお楽しみください。2008 how we make them?

 

 

2009年秋冬の作品 BLOG。2009 autoum  winter  BLOG

 

襟の周りのパイピング仕上げ, 玉ぶちの仕上げ ボタンホールの技術です。

希少な技術です

look our button hole making skill.  Japanese skillfull technque.

 

 

逸品ならではの 仕上げです♣  

熟練オーダー職人が 作品を手がけています

 

ホールの玉縁仕上げ 熟練職人によるクチュール

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

all of sawing skillful woker is Japanese expert .

そのため 技術は最高のものです。

 

サイズを直しても 次の代 お嬢様へと 着ていただける素材と技術の作品です。

 

一般の機械穴

オートクチュール仕立て

 

 

 

クチュールのしあがり

裏なしジャケットです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボタンホールは玉縁仕上げです。縫い代はすべて裏地でくるみます 伸びやすい生地は ごく薄手の芯アピコを貼っています。堅くならず型崩れせず、

 

薄手ブラウス 裏なし

アームホール 共生地でくるんでいます。 縫い代はロック端ミシン

布生地の厚さ 張りで 臨機応変にしあげます。

2019年 作品BLOGは こちらか

 

皆さんの体型 個性あるサイズ ラインに対応するのがオートクチュールです

ラインの美しさで 錯覚をおこしてもらいます。

本当の 私よりスマートに エレガントに 優しげに、、、上品に

どなたも着ていない逸品を

 

大事なものは 髪の毛と 元気な肌色と 装いの上品さです。

 

 

丁度きれいに見えるスカート幅 スカート丈
バランスをみながら、ボトムスのシルエットを決めましょう ♥ ♥
女性は必ずやせたり 太ったり致します。

 

 

 

 

お客様が主役です。われわれは、実現のお手伝いをいたします。

 

2008年  オーダー服製作のようすはBLOGへどうぞ。

 

2009年 秋冬 作品のBLOGはこちらです。 2009 autum and winter

 

2010年 BLOG はこちらです               2010  BLOG

 

2012年 作品ブログは こちらから90センチのバストの方♥    75センチの方。

バストカップ部が大きな方   それを目立たせたくない方。

 

How about your  bast ?  Big or not?  You proud of it  or not?

We want understand your want.

 

背中に肉付きのいい方♥    脇に肉付きのいい方。

背の丸い方♥    鳩胸、反り身のかた♥ 

ラインとカットで  型紙設計図によって  目だったり、気にならなかったり♥ 

小さすぎる顔にはふっくらしたテーラード ♥  肩幅のない方には細めに引いた襟♥ 

 

How your face ?  Round or long?  What kind of collar you want?

 

一番気に入るシルエットを悩みながら決めるたのしみがあります♥ 

We would   arrange you more elegant   more achademic  .

 

For big memory, for celebration,for celemony  or nice trip…….

 

人生の記念日に ご自身のお祝いに 1年に、2年に 一着くらいは 自分だけのオーダー

2014年 作品BLOGはこちらからご覧ください。

2016年BLOGはこちらからご覧ください

オートクチュールの流れ

7月 次年の 春、夏用の生地契約:: (ヴァレンチノ、ウンガロ、エレガンスなど)

 

VALENTONO  Ungaro Elegance AGNIONA Mila schon  Gre

来年の 秋、冬物契約::(アニオナ、ミラションなど)

 

2009年製作の様子BLOGはこちら    2009 spring BLOG

2009年秋冬はこちらのBLOG  2009 automn winter ‘s one

2010年 の作品制作BLOGはこちらです2010 sprig ‘s one

2011年 BLOG はこちらです
2012年 作品BLOG はこちらから

 

2013年 作品BLOG はこちらから

2016年 作品BLOGはこちらから

12月 春夏生地入荷。    6月 秋冬生地入荷

世界同時発表の生地です。

 

1. お客様とデザインをきめます。

 

we suggest  many kind of desigh and material

ファッションBOOKを参考にも。 憧れのイメージをお持ちください。

You want bring fashion book.  It’s  OK.

 

 

yajirushi.jpg

2. 採寸。                We masure your size

 

希望スタイル、サイズにあわせて型紙作成します。

美しいラインが命です。。

 

We   draw your   pattern which you desire .

 

 

生地のカット。    柄をどこに持っていくかで雰囲気が変化します。

手で縫い、仮縫いの作品を作成。

イメージ ムードが わかります。

yajirushi.jpg

3. 仮縫いができあがります。

お体に合わせて、フィッティングいたします。

  

 

Shall we try to fitting it, and check it .

 

 

バランス良いウエスト絞り、肩ライン、裾丈、裾はば、

お顔の輪郭で似合うテーラードの襟、大きさまで違います。

一番美しく映える シルエットに直していきます。

 

What kind of collar or neck line you want ?

Width and length and curve line is important to make smart one.

 

 

こうしたい。ああもしたい。色々なイメージが沸いてきて楽しいひと時です。

yajirushi.jpg

4 型紙に訂正

ご希望をとりいれ、型紙を引きなおします。修正型紙補正。

We draw your pattarn  again . This is best design pattan for you.

 

素材の癖(落ち感、張り感)を も考慮しての経験が結果にでます。

この型紙はお客様データとして保存しております。

 

5. ボタンを厳選し、芯の種類を選び、付属を揃えて、職人の手に渡ります。

the skillful Japanese expart  get  material which you choose  and correct pattan  ,

They start to saw it for you.

 

yajirushi.jpg

6. 職人がじっくり10日ほど掛けの縫い上げます。

They spend about 10 days to saw your dress.

 

ご注文から 約3週間後 作品が仕上がります。

 

 

 

お客様の型紙は保存しております。


クラシカルなAラインの カシミアロングコート 気に入ってくださいましたか?

温かくて軽いだけでなくって、「素晴らしい素材ですね』「お似合いですね」と 褒められています。

ありがとうございます。 上質を長く着る。 モロはそこでお客様と繋がっております。

 

体型が変わり続ける女性。

皆様10年、20年、30年と

メンテナンスをして着用し続けております。

2014年 作品BLOGは こちらからご覧ください。

2015年 作品BLOGは こちらからご覧ください。